体、手洗いのススメ

みなさん、いきなりですが体を洗うとき、何を使って洗っていますか?多くの人がタオルやスポンジを使っていると思いますが、私がお勧めしたいのは手で洗うことです。
手で洗うことの一番のメリットはリンパマッサージをしながら体を洗うことでマッサージを習慣化できるし、お風呂でマッサージをすれば血行もアップして代謝が良くなることです。それだけではなく、毎日手で体を洗えば、余計なお肉が体に付いてしまったときにすぐに分かるので、意識してその部分を引き締める生活を不断に取り入れることができるなど、体型維持にも役立ちます。また、私はもともと肌が弱くて、体を洗うタオルで肌をこするとどうしてもそれだけで肌が荒れてしまっていたのですが、いまは洗顔用のネットでたっぷりと石鹸を泡立ててからマッサージをしながら手で体を洗っているので、タオルに肌が傷つけられることもなく、健康的な肌を保てています。
お風呂からあがって毎晩リンパマッサージをしようと思っても疲れていたり、何かすることがあったりとなかなか継続できないことも多いと思います。ですが、体を洗いながらついでにマッサージもできる体の手洗いはとても効率的ですし、更に美肌も手に入れることができるので忙しい方に特にお勧めの洗い方です。

夏にありがち、髪の毛パサパサ

乾燥する時期は髪の毛がパサパサになる上に静電気も発生してしまって、もうどうしようもない状態になりがちです。では、湿気がたっぷりの梅雨や夏はどうでしょうか?乾燥しないし傷まないし、静電気だって発生しないと思っていませんか?実は違うのです。夏も髪の毛はきちんとケアしないと乾燥するし傷むし、静電気だって発生してしまうのです。夏の髪の毛ケアで特に気を付けたいのは何と言っても日焼けです。知っていましたか?髪の毛も日焼けするんです。そして、その紫外線のダメージはキューティクルが剥がれてしまってツヤをなくしてしまったり、その内部の繊維を切ってしまって枝毛や切れ毛の原因となってしまったりするのです。そして恐ろしいことに、髪のダメージというのは肌のように修復することがないそうです。ですのでやはり予防をすることが必須だと言えます。日に当たらないのが一番ですが、最近では髪にも使える日焼け止めも販売されています。こういった物を上手に使うと良いと思います。そして、冷房の効いた部屋にいれば肌が乾燥するように髪も乾燥するので、コンディショナーやパックでしっかり潤いを補給するのが良いでしょう。また、髪をブラッシングする際もプラスチック製のブラシを使用すると、静電気が発生する原因となってしまうので、なるべく避けるのがベストです。どの年代の女性であっても、髪の毛がつやつやだとそれだけで気分も上がるし若く見えるので、是非気を付けてみて下さい。

黒ゴマ黄粉豆乳で美肌に!

私は妊娠中、少し油断するとすぐに便秘になってしまいました。そんな私のおすすめドリンクは黒ゴマ黄粉豆乳です。作り方は簡単で、無調整の豆乳200mlに黒ゴマ大さじ1、黄粉大さじ1を混ぜるだけです。暑い夏は冷たいまま飲んでも良いし、少し肌寒くなれば、500wの電子レンジで20秒ほど温めればゴマも黄粉も良い具合に溶けてとても飲みやすくなります。味は豆乳に黄粉と黒ゴマの風味が加わり、私はとてもおいしくいただいていますが、甘みが足りない人は少量の蜂蜜を加えても良いようです。
黄粉に含まれる鉄は女性には不可欠な成分ですし、カリウムはむくみを抑えます。さらに黒ゴマはミネラルも豊富で黒ゴマに含まれるセサミンには老化を防ぐ効果があり、黒ゴマのダイエット効果としては肝機能を向上させ、体内の脂肪を減らしてくれる効果もあります。そして豆乳は大豆そのままの栄養がより吸収しやすくなっているようです。また豆乳は満腹感もすごくあるので食べ過ぎを抑制することもできます。
もともと便秘改善、美肌、美髪に効果のある豆乳に黄粉、黒ゴマという二つの美容成分を組み合わせる黒ゴマ黄粉豆乳は忙しい朝でもお手軽に準備できる簡単な美容食だと思います。もちろん小腹がすいたときなどにも少しの量で満足できるのでお勧めです。毎日の生活に簡単に取り入れられる美容ドリンク、黒ゴマ黄粉豆乳をぜひ多くの方に試してもらいたいです。

膝の黒ずみとの戦い

夏いになると脚を出す機会が増えますが、普段何気ない行動で膝の黒ずみができたりズボンの摩擦で色が黒っぽくなってしまいます。対策は膝を床につけるなど膝立ち姿勢を避けたり日焼けをしないようにするなどありますが、日常生活では難しいです。そこで、私は日焼け止めクリームを塗布したり、化粧水をつけるなどして潤いを保つようにしています。乾燥したり、無理に毛を抜こうとしたり剃刀を使用することでさらに肌が強く固くなっていきます。膝ニキビの原因にもなるので清潔を保つよう心がけています。入浴でスクラブなどで膝をゴシゴシ洗ったり角質取りを頻繁に使用することは、肌への負担がかかりやすく傷つけてしまうおそれがあるので洗顔同様に泡で優しく洗うようにします。タワシやスポンジを使うことも避けて手を使うようにしていくとだんだんと黒みが押さえられてくるようになります。入浴後は、たっぷりの化粧水で水分を補給させて、クリームやオイルで保湿し肌を柔らかく保ちます。オイルは外出前など朝に使用するとべたついたり、日焼けを悪化させるとがあるので就寝前にすることをおすすめします。また、膝の毛を処理する際は剃刀や毛抜きを避けて徐毛クリームを使用して無理に処理しないようにしています。

オシャレは指先から

手や爪が荒れていると何だか憂鬱な気持ちになることってありませんか?反対に手や爪が綺麗な状態だと気分も上がりますよね。今回はそんな手や指のケア方法を書いていきたいと思います。最近ではハンドクリームにネイルケア成分が配合されている物も市販されていますので、そういった物を上手に使うと良いと思います。私はボディショップの物を長年愛用しています。これが結構良く、使用するようになってからというもの爪が割れたり二枚爪になったりということがなくなりました。そして、基本的なことではありますが、爪を切ったりやすりをかけるのはお風呂上りがベストです!入浴後は爪が軟らかくなっているため、ダメージが最小限になるんだそうです。また、深爪もNGなんだとか。これは私は知らなくて、特に足の指は深爪気味でした。足の深爪は巻き爪などのトラブルを引き起こしやすくなるんだそうです。確かに若干巻き爪になりかけていました。足の爪も意外と見られているので、きちんとケアしたいですね。夏はサンダルを履く機会が多くなるので、綺麗にペディキュアを施しても気分が上がります。手の指先もネイルをして綺麗に保ちたいものですが、小さな子どもがいるとなかなかそうもいきません。そういった時におススメなのは、ベースコートやトップコートを薄く塗ることです。あればネイルケア用のプロテクターを塗るのが良いのですが、なければそれで十分です。ただ、定期的に綺麗に落として塗り直す必要があるので注意です。ちなみに私はネイルケア用のプロテクターを塗っています。ほんのり色がついているため、ピンク色で健康的に見えるので気に入っています。少し気を付けてケアをするだけでだいぶ状態は変わってきますので、手や爪のお手入れはおススメです。是非試してみて下さい。